So-net無料ブログ作成
検索選択

<誤認逮捕>時効成立の男性 警視庁が謝罪(毎日新聞)

 警視庁は19日、公訴時効が09年6月に成立した暴力行為事件で、山梨県富士吉田市の男性を18日に誤って逮捕したと発表した。警視庁は男性に謝罪し、19日に釈放した。

 警視庁によると、男性は30代の暴力団関係者。立川署は18日、06年6月に暴力団の威力を示し、知人男性に現金を要求したとして暴力行為法違反容疑で逮捕した。ところが19日、送検手続きの中で検察官から公訴時効(3年)の成立を指摘された。逮捕状を出した立川簡裁も時効完成に気付かなかったという。【川辺康広】

【関連ニュース
誤認逮捕:トルコ籍の男性を強制わいせつ容疑で 仙台南署
時効廃止:28日午前0時…倉敷の放火殺人、間際の適用
時効廃止:無念晴らせる…被害者遺族ら涙
時効廃止:改正刑事訴訟法が即日施行…殺人など12罪対象
時効見直し:「逃げ得」もうない 改正刑訴法成立で遺族ら

石川議員を再聴取=18日、元公設秘書らも−陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
原因不明…全身のかゆみ 乾癬の存在知ってほしい(産経新聞)
政府、和解協議入り表明へ…B型肝炎集団訴訟(読売新聞)
電車内で女性の下半身触る 小学校事務職員を逮捕 (産経新聞)
<口蹄疫>感染した疑いが強い牛と豚 宮城の5農家で確認(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。